基礎情報
共有不動産はトラブルが生じやすいため売却するのがベスト

共有不動産はトラブルが生じやすいため売却するのがベスト

独断で決める人に迷惑をかけられる

共有不動産でトラブルが生じにくいのは、共有権利者の意思疎通をしっかり行えているケースです。
言い換えると、高いの思惑がバラバラな場合は問題が発生しやすくなります。
たとえば、3人で保有している共有不動産があり、1人が勝手に全員分を売却してしまったケースです。
もちろん、法律的に認められない行為ですが、契約が成立しているので実害が生じてしまいます。
そこに自分が済んでいた場合、売るつもりがなくても退去を迫られるケースがあります。
自分は関係ないと主張しても、相手はすでに支払いを終えており、住めることが当たり前という認識です。

そこで立ち退かないと主張すると、自分が屁理屈を言っているような立場になるでしょう。
権利書を勝手に使われていた場合はなおさらです。
相手に権利が渡っているにもかかわらず、自分が居座っているだけという構図になってしまいます。
したがって共有不動産があるなら、そのようなおかしな行動を取られる前に売りましょう。

共有不動産のせいで人間関係が悪くなる


人間関係の悪化も共有不動産に関する代表的なトラブルの一つです。
購入時や相続時は良好だった場合も、運用していくうちに悪くなることが珍しくありません。
上記のように勝手に売却しようとするケースもそうですが、独断で行動する人が現れると途端に管理は難しくなってしまいます。
若いときはオープンだった人も、年齢を重ねるにつれて聞く耳を持たなくなりやすいです。
共有不動産に関しても同様で、売却したいときに一人だけ反対することも少なくありません。

そのような不仲の原因が生まれる前に売ってしまうことが得策です。
たとえば、相続時に相談して換金を選ぶことも一つの手です。
最初のうちなら管理が面倒というイメージが強いので、売却に向けて意思をまとめやすいです。
いったん関係がこじれてしまうと、今後は売却について相談することが難しくなります。
そういったリスクを回避するためにも、健全な間柄でいうるちに売ることが得策です。

まとめ

共有不動産を手に入れるケースは意外と多いものです。
たとえば、マイホームを建てるなら配偶者と購入することもあるでしょう。
二世帯住宅なら出資した割合で持分を分けるケースも多いです。
それで違和感なく進んでいくのが一般的ですが、時間の経過によって事情は徐々に移り変わっていきます。
ですから、いつまでも相手の物分かりがよいと思っていてはいけません。
そうなることを見越して、共有不動産を早めに処分しておきた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。