共有不動産は自分の持ち分だけ売却することも可能

自分の持ち分だけなら自由に売却できる

共有不動産を持っている人は少なくないので、日本には多くの共有不動産が存在します。
不動産は聞いたことがあるが、共有不動産は聞き慣れない言葉だと感じる人も存在するかもしれません。
ネーミング通りに誰かと共有している不動産になりますから、自分以外の誰かが権利者になっているような状態です。
夫婦共働きのような世帯も日本では増えていますが、そのような世帯で不動産を買う場合は共有することが少なくありません。

お互いに協力して買う訳ですから、共有しても何も不思議ではありませんが当然ながら権利者が複数人になるので実際に不動産を売却したりするときに揉めるようなことも珍しくないです。
誰かが売りたいと考えても同じ不動産に権利者が他にいますから、当然ながらその人物が納得しなければ売ることはできません。

そのため権利者同士で意思疎通ができないと大変なことになりますから、そのようなリスクについても理解をしておかないといけないです。
そのような状況でも共有不動産の持ち分だけであれば、売却をすることができますから全体で売ることができなくても諦めるような必要はありません。

専門業者を利用しないといけない

共有不動産の持ち分は共有している人数によっても異なりますが、夫婦であれば半分ずつ権利を持っていることになる筈です。
仮に離婚をしたような場合でも権利がなくなるようなことはありませんが、そのような場合も持ち分だけを売却するようなことはできます。

共有不動産の持ち分だけを買取してくれるような業者も存在するので、そのような業者を活用することで簡単に売却することが可能です。
共有不動産は売却するのが難しいと知っている人でも、持ち分だけ売却するのは簡単だと知っている人は結構少ないような特徴があります。

幸せに共有不動産を活用しているなら持ち分を売却する必要は全くありませんが、離婚したりしてどうしても不動産を共有していたくないような場合は持ち分だけを売却してしまったほうが安心です。
ちなみに持ち分だけを売却する場合は、他の権利者に説明をするような必要はありませんし、基本的に何も言わずに売却を済ませることができます。
そのため他の権利者がどこにいるのか分からないような場合も、専門業者のサービスを利用することで簡単に共有不動産の悩みを解決することが可能です。

まとめ

共有不動産は権利者が自分以外に複数人は存在するので、簡単に不動産を売却するようなことはできないです。
ただ共有不動産でも各自の持ち分だけであれば、各自で自由に売却をすることができます。
共有持分を専門的に買取しているような業者も存在するので、そのような業者に相談をするとスムーズに悩みを解決することが可能です。
共有不動産の持ち分を売却するときは、基本的に他の権利者の報告するような必要もないので安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。