基礎情報
共有名義でも他の共有者に知られず売却することは可能

共有名義でも他の共有者に知られず売却することは可能

自分だけの判断で売れるケース

共有名義は他の共有者と共同で所有している状態なので、基本的には自分ひとりの判断で売ることはできないです。
しかし自分の所有しているスペースは自由に売却することが可能です。
他の共有者が所有する部分に関しては干渉できないですが、逆に言うと自分のスペースは他者の影響を受けることはありません。
所有するメリットがあれば売らずに持っていれば良いですし、不要になったり高く売れる見込みがある時は売却するのがおすすめです。
共有名義の不動産は共同で不動産を管理するので、長期的な目線で考えるとリスクが多いです。共有者が亡くなったり、時代の流れによって新たな問題が発生するケースも少なくありません。
共有名義の不動産に関してはトラブルや揉め事の原因になることが多いので、なるべく早めに手放したいという人も多いです。
子供や孫の世代に問題を残さないように、スピーディーに売却したい場合は自分のスペースだけ売るのがおすすめです。

共有者と揉めているケース

共有名義でも他の共有者に知られず売却することは可能ですが、共有者と揉めている場合は「手放さないでくれ」と言われてしまうこともあります。
共有者と揉めてしまうと話し合いでは解決できず、弁護士を雇って問題を解決しなければいけません。
弁護士を雇うとお金がかかりますし、話し合いもすぐにまとまる訳ではないので無駄な時間を過ごすことになります。
将来的に売却を考えている場合や、スピーディーに手放したいと考えている場合は共有者と良好な関係性を保つのがコツです。
良好な関係性を保つためにはコミュニケーションが大事になります。定期的に連絡を取り、円滑なコミュニケーションが行われていると問題やトラブルは起こりにくいです。
共有者と良好な関係性を保つことができればいつでも自由に売却できますし、自分の所有しているスペースだけ売ることも可能です。身内でも揉めるケースはあるので、共有者を見極めることも大事です。

まとめ

共有名義は他の共有者と共同で所有している状態なので、自分ひとりの判断で不動産を売ることはできないです。
不動産全体を手放すことは不可能ですが、自分の所有しているスペースに関しては自由に売却できます。
将来的に売却を考えている場合は前もってそのことを共有者に伝えておくことも大事です。スピーディーに手放したいと考えている場合は共有者と良好な関係性を築き、いつでも相談できる間柄だと理想的です。
良好な関係性があるとトラブルは起きないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。